自宅で出来るリラックス&美容タイムを!
『おうち美容』試してみませんか?



お仕事やお出かけ、美容室にエステなど、思うように外出できない日々が続いているかと思います。

そんな時だからこそ、自宅でリラックスしながら、ゆったりたっぷりと。
「おうち美容」を応援!したいと思っています。

お肌の調子に合わせてちょっとひと手間加えることで、お肌の変化を楽しむ少し“上級者向き”な楽しみ方はいかがでしょうか...?



今回は、「お風呂で美容」をテーマにお届けします。

目次

  1. 美容液で『お風呂エステ』のススメ!
  2. 1.洗う順番で全身“スベスベ肌”仕上げ 2.保湿&マサージで、魅せる美デコルテへ 3.お風呂だからできる!じんわり美容液浸透エステ
  3. クイズで確認!お風呂上がりのスキンケアのベストタイミングを見極める
  4. 1.お風呂上がりは、しっとり・カサカサの紙一重! 2.お風呂上がり、『まずは化粧水』は間違い!?


美容液で『お風呂エステ』のススメ!

しっかりケアして美肌を保ちたい!
けれども

「自分で本格的なケアって難しくない?」
「特別な道具が必要だったりで、自宅で出来るの?」

という方や、

「なんだか疲れがたまっているかも。リフレッシュしたい」
「一人でちょっぴり何かに没頭したい」

といった方に試して頂きたい、『美容液でお風呂エステ』の方法をご紹介いたします。

実は、お風呂の蒸気と気温は、エステのようにじっくりと本格的にケアをするには最高の条件がそろっています!
「お風呂上がりはしっかりケアしてるけど...」
という方はもしかしたら、 もっとハリツヤのある潤い肌になる機会を逃しているかもしれません...。
そこで今回は、自宅で出来る『お風呂エステ』習慣のススメと、そのスキンケア方法をご案内します!

いま試してみたい、ルブランシーの応用の使い方もご紹介しますね。

せっかくだから、いつものお風呂時間を充実したものにしてみませんか?

洗う順番で全身“スベスベ肌”仕上げ

お顔だけでなくデコルテまで綺麗に仕上げるのがおうちエステ♪
体調よりも普段の生活習慣が原因でできやすいデコルテや背中の吹き出物も、しっかりポイントを見直してスベスベの素肌を手に入れましょう。

ポイントは、髪→顔→体。

体を洗った後に顔や髪を洗うと、その泡 (洗剤)の成分がデコルテに残ってしまい、毛穴詰まりや炎症が起こりやすくなります。

デコルテを含め、体の前に髪と顔を洗う だけで、プツプツ吹き出物の危機はだいぶ少なくなります。 秋冬は服の下で汗をかいて肌がむれるため、こまめに汗を拭いて清潔に保つようにしましょう♪


保湿&マサージで、魅せる美デコルテ

デコルテは首を動かすたびに皮ふが引っ張られるため、お顔以上にハリ不足になりやすい部分また、胸の重さを支えているため凝りやすく、血行不良のままだとスキンケアの 効果が薄れてしまいます。

マッサージオイルの代わりに、美容液で贅沢エステ。

デコルテをほぐすだけでなくハリ、潤いを与えるには美容液を使いましょう。 美容液はマッサージをするときの摩擦を減らす意味もあるため、ちょっと贅沢をして多めに使うと良いですよ。



お風呂だからできる!じんわり美容液浸透エステ

お風呂の蒸気と気温は、エステのように じっくりと本格的にケアをするには最高の条件!
「お風呂上がりはしっかりケアしてるけど...」 という方はもしかしたら、 もっとハリツヤのある潤い肌になるチャンスが眠っているかもしれませんよ。




お風呂エステは、洗顔、体など全部洗い終わった最後のお楽しみ♪

まずは洗顔をするときに、しっかりと汚れを洗い落としてください。
毛穴に汚れが詰まっていない綺麗な状態のお肌にすることがポイントなので 気になる方はお顔をお湯につけて温めてから、泡でそっと洗顔がオススメ。

綺麗に洗ったら、お風呂に浸かって蒸気でお顔を温めながら、美容液で『お風呂エステ』 開始です♪





「お風呂で美容」いかがでしたでしょうか?
日々の疲れを癒すお風呂の時間が、より充実したものになりましたら幸いです。

次からは、お風呂上がりのケアについて見ていきます!
ちょっと一休みして読み直すも良し、一気に読み進めるも良し。

お肌と一緒で、自分にあったものを取り入れて。気張らず無理のない範囲で進めることが、長続きする秘訣です。


クイズで確認!
お風呂上がりのスキンケアのベストタイミングを見極める

気温や湿度の急な上昇・降下は、お肌の潤いバランスも崩れやすくなるのですが、実は、毎日の生活の中でも 同じような現象が起きているのをご存知でしょうか?
ここでは、クイズも交えて入浴後のケアについてご紹介していきます。

お風呂上がりは、しっとり・カサカサの紙一重!

実は、お風呂上がりはお肌の水分の増加・減少が急激に起こり、とても乾燥しやすいタイミング。
しかし、逆に水分をよく吸収するため、スキンケアにピッタリのタイミングでもあります。
そのベストタイミングを見極めるには、お風呂上がりに起こる、ある「ターニングポイント」を知っておくと便利です。

Q.入浴後のお肌は、あるタイミングで入浴前よりも乾燥状態になります。それは、お風呂上がりから何分後でしょうか?

これだ!というものをクリックしてみてください。


A.答えは ... 「10分」



「過乾燥」とは、お肌の水分が通常時よりも少なくなって、極端に乾燥している状態のこと。
お風呂上がりは 約10〜15 分でこの「過乾燥」状態になるため、お肌がつっぱってしまうのです。
そのため、お風呂上がりは10 分以内のスキンケアがとても大切になります!

お風呂上がりに過乾燥になってしまう理由はいくつかありますが、一番大きな理由は「肌が濡れていること」です。お風呂から上がったら、まずはタオルドライをしっかりとしてあげましょう。

また、体を洗った直後は肌の乾燥を防ぐ皮脂膜も一緒に洗い流されているため、より乾燥に弱くなっています。さらに、お風呂に入ると皮ふがふやけるかと思いますが、このふやけた状態ですと水分が外に逃げや すくなるため、より蒸発しやすくなってしまいます。
(お風呂上がりは、肌が乾燥する条件がそろっているんです!)



お風呂上がり、『まずは化粧水』は間違い!?

お風呂上がりの化粧水は、“過乾燥”の元!

さきほどもお話した通り、お風呂上がりは、お肌が最も水分を吸収しやすく、同時に乾燥しやすいタイミングでもあります。
そのため、もちろんスキンケアにはピッタリのタイミングなのですが、化粧水などの水を主成分とするスキンケアは、『水分の吸収< 乾燥』という“過乾燥”を引き起こす可能性があります。



Q.なんと ... 体から蒸発する水分は、1日〇〇 ml !

化粧水を使わずとも、体からはたった1日で驚きの水分量が蒸発しています。その量は、私たちにとっても身近なあるものと同じくらいなのですが... 次のうちどれだと思いますか? これだ!というものをクリックしてみてください。

A.答えは ... 『パック 1個分』の約1リットル!

1リットルも乾燥するから... “補う”よりも、“守る”スキンケアを。

人の肌からは、毎日900〜1000ml(約1リットル)もの水分が蒸発していると言われています。
水分を補うことに注目し、化粧水をバシャバシャと 使うスキンケアもありま すが、毎日 1 リットルも肌から吸収させるのはとても難しいことです。

そのため、スキンケアでは補う以上に、その1リットルが蒸発しないように“守る”スキンケアが大切になってきます。お風呂上がり、水分を“補う”のも良いですが、水分を“守る”ことに着目してスキンケアをすると、お肌が自然と整っていくかと思いますので、ぜひ気を付けて化粧品選びをしてみて下さいね。


スキンケアで過乾燥を起こさないためにも...

お風呂上がりだけではなく、もう一つお肌が濡れるタイミングがあります。それは、スキンケア。
特に水を主成分としたスキンケアは、その後お肌の潤い成分を閉じ込めるケアをしっかりとしないと、 過乾燥の原因にもなってしまいます。
お風呂上がりや 夜寝る前のスキンケアでは、「保湿成分はたっぷり、でも水分は少なめ」をキーワード に、コスメを選ぶのがおすすめです♪